ゴールデンボンバー「男心と秋の空」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > ゴールデンボンバー > 男心と秋の空

ゴールデンボンバー「男心と秋の空」のジャケット画像

男心と秋の空

歌手:ゴールデンボンバー
作詞:鬼龍院翔
作曲:鬼龍院翔


僕が見せてたのはポジティブな部分だけ
不安に悩む君をいつも勇気付けた

目を離してるうちに消えてしまいそうで
華奢なその手強く握ってしまうんだよ

「愛してるよ」って言ってくれたね
嬉しくて、でも怖くもなった
どうかこのまま、どうかこのままで
ねぇ…君と居れたら

時に冷たく近寄り難い君の表情に怯えた
愛の歌によく出てくる気休めの永遠に縋った

偽りの強さをいつまで装えるだろう
情けない僕の本性 笑いで隠して

「愛してるよ」って言ってしまったね
これ以上の言葉ってあるかな?
どうかこのまま、どうかこのままで
ねぇ…君と居れたら

時は移ろい葉は枯れて少しずつ失ってくように
まだ消えない恋の炎もいつまでその胸燃やせるだろう

綺麗な髪 綺麗な唇 荒れた掌
何処にも嫌う要素が僕の方には無いよ
ねぇ…君もそうかな?

時に躓き仇になり その心をまた曇らせる
僕の歌によく出てくる君の涙がまた零れた

時に冷たく近寄り難い君の表情に怯えた
愛の歌によく出てくる言葉なんて言えなかった

ただ君の側に居させてほしい

時に冷たい君の表情に
またサヨナラが過ぎる

アルバム「ゴールデン・アワー 下半期ベスト2010」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

ゴールデンボンバーの人気歌詞

ゴールデンボンバーの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.