TOKIO「夕灼けの街」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > TOKIO > 夕灼けの街 歌詞

「夕灼けの街」歌詞

歌手:TOKIO
作詞:黒田晃太郎
作曲:黒田晃太郎

夕街に差し込んでいった光が 孤独な心(ハート)を映していた
歩道橋 足をとめ風に吹かれていたよ 止まってしまった腕時計
 
なんだって叶う そんな気がした 気がつけば空には星がひとつ
街行く人々は何を想うのだろう 空は金赤(あか)と群青
 
I wish to go my way 輝く夕陽に
今はただ見とれていたいよ
終わらない夢 きらめきながら 明日へと続いて行く
 
夕街はせわしなく夜の身支度 少しずつ明かりが灯りはじめる
イヤホンを外して耳を澄ませてみたら 誰かの呼ぶ声がした
 
いつの間にかこんな場所に立ってた たまにこうして振り返っても
今まで来た道に後悔はないから 空は金赤と群青
 
I wish to go my way 輝く夕陽に
いつか誓ったあの時から
変わることなく 同じ夕灼け 何度眺めてきたんだろう
 
I wish you to go your way この道の先に
どこまでも続いて行く物語(ストーリー)
そしてこの胸 高鳴りはじめ 明日へと想いを馳せる
 
I wish to go my way 輝く夕陽に
今はただ見とれていたいよ
いつになっても 同じ夕灼け 同じ気持ちで見るんだろう
 
I wish you to go your way この道の先に
とこまでも続いて行く物語
いつまでも夢 きらめきながら この街を照らしたなら
 
明日へと歩き出せる

TOKIOの人気ランキング

TOKIOの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.