JUN SKY WALKER(S)「1986」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > JUN SKY WALKER(S) > 1986

JUN SKY WALKER(S)「1986」のジャケット画像

1986

歌手:JUN SKY WALKER(S)
作詞:寺岡呼人
作曲:寺岡呼人

公園通りを上って行くと夏を告げる風が吹いて来た
偽物のラバーソウルを履いて原宿を目指した日曜日

風呂なし四畳半のアパートには宝物がたくさん散らばってた
コステロ、ラモーンズ、ルー・リード、ディラン、マイルス、ビートルズ、
レコードの匂いが部屋中に拡がった

武蔵境のスタジオに集まって、みんなで音を鳴らして
出来たばかりの曲に 夢を見たんだ

数え切れない擦り傷の跡が
「生きる」意味を教えてくれた
「立ち入り禁止」のフェンスを僕ら飛び越えた
涙と引き換えに手に入れた
「希望」という名のチケットが
僕らを少しずつ未来へ導いてくれた

夜を徘徊するカラスの群れは
夜明けと共に巣に帰って行った

乗車拒否をするタクシー、万札をかざすサラリーマン達
この国は戦後から40年、振り返りもせず走り続けた

ライブハウスで出会ったあの娘は他にも沢山男がいた
バブルが弾けることなんかより、
僕は絶望を味わった

あの歩行者天国のみんなに、僕らの音を届けよう
出来たばかりの曲を ひとりでも多く

数え切れない擦り傷の跡が
「生きろ」と励ましてくれた
「立ち入り禁止」のフェンスを僕ら飛び越えた
涙と引き換えに手に入れた
「希望」という名のチケットが
僕らを少しずつ未来へ導いてくれた

夜を徘徊するカラスの群れは
諦める事なんて知らなかった

公園通りを上っていくと
夏を告げる風が吹いて来た
偽物のラバーソウルを履いて、
原宿を目指した日曜日

アルバム「FLAGSHIP」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

JUN SKY WALKER(S)の人気歌詞

JUN SKY WALKER(S)の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.