People In The Box「八月」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > People In The Box > 八月 歌詞

八月 / People In The Box
Amazonで見る

「八月」歌詞

歌手:People In The Box
作詞:Hatano
作曲:People In The Box


透きとおる朝 からだ宙を舞う
晴れやかな体勢で
流れ出す太陽を青空がのぞきこむ
 
海岸線 這いつくばるきみを
上からみんなが笑っていた
痛みさえ感じるひまもなかっただろうね
 
はじめからきみは そのつもりで
 
そうさ きみの世界で選べるのは
ただひとつだけのボタンさ
 
機械のように「その階には止まりません」と
ぼくは何度もくりかえすけど
きみには冗談にしかきこえない
 
誰かが死にかけているとき
きみは生きる喜びにある
人の渦に削られたあげくに
なくなってしまいたい
朝 走る車をぎりぎりでひらりとかわす
突然 誰かにあって話をしてみたくなった
傷ついても
 
そとは冷たいけれど なかは暖かい
 
ちょうど からだみたいだ きみの夢は
毎夜 歳をとっていくのさ きみを残して
 
踊りだしたら視界が揺れる
織り成す世界は壮大なジョーク
ぼくには冗談にしかきこえない
 
愛も正しさも一切君には関係ない
 
きみは息をしている

アルバム「Ave Materia」収録曲


People In The Boxの人気ランキング

People In The Boxの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.