南野陽子「冬の色」歌詞

歌詞ナビ
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 南野陽子 > 冬の色 歌詞

冬の色 / 南野陽子
amazon検索

「冬の色」歌詞

歌手:南野陽子
作詞:千家和也
作曲:都倉俊一


あなたから許された
口紅の色は
からたちの花よりも
薄い匂いです
くちづけもかわさない
清らかな恋は
人からは不自然に
見えるのでしょうか

いつでもあなたが悲しい時は
私もどこかで泣いてます
恋する気持に疑いなんて
はいれる隙間(すきま)はありません

あなたなら仲のいい
友達にさえも
微笑んで紹介が
出来る私です

あなたからいただいた
お手紙の中に
さりげない愛情が
感じられました
倖せのほしくない
ぜいたくな恋は
世の中にめずらしい
ことなのでしょうか

突然あなたが死んだりしたら
私もすぐあと追うでしょう
恋する気持にためらいなんて
感じる時間はありません

あなたなら他の子と
遊んでるとこを
見つけても待つことが
出来る私です


アルバム「山口百恵トリビュート・セレクション」収録曲


南野陽子の歌詞ランキング

この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

リアルタイムランキング(19:33更新)

1 ストローヘッド黒夢
2 私の花ゆあさみちる
3 Addiction羊文学
4 風になれ羊文学
5 水あそび童謡
すべて見る▶
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.