寿美菜子「つきのひかり」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 寿美菜子 > つきのひかり

つきのひかり / 寿美菜子

「つきのひかり」歌詞

歌手:寿美菜子
作詞:星村麻衣
作曲:木根尚登


雨上がりの夕暮れ 改札出たら
濡れたアスファルトの匂いがした
影法師追いかけた 懐かしいあの頃
思い出し胸は焦がれていく

変わらない大切なものが まだここにある

月を見上げていた 空に浮かぶ一輪の花
もっと強くなりたい 心の中そっと呟いた

街の中に埋もれた 小さな私
季節も気付けば過ぎて行くけど

この街で この場所で 新しい一歩踏み出すよ

月が微笑んでいた 涙滲むその向こう側で
まるで「大丈夫」だと 語りかけてくれてるように

夢はまだ 長い道の途中
信じてる 私のストーリー

月を見上げていた 空に浮かぶ一輪の花
もっと強くなりたい 心の中そっと呟いた
月に手を伸ばした 指の隙間こぼれるひかり
ひとつ深呼吸して 明日の空を迎えに行こう


アルバム「My stride」収録曲


寿美菜子の歌詞ランキング

寿美菜子の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.