矢沢永吉「夢がひとつ」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 矢沢永吉 > 夢がひとつ

矢沢永吉「夢がひとつ」のジャケット画像

夢がひとつ

歌手:矢沢永吉
作詞:Ginger
作曲:矢沢永吉

ゆうべひとりぼっちで 泣いていたのかい
夜明けの空に浮かぶ 月影に消えるまで
どうしようもない 不安につぶされて
きっと乗り越えられる おまえなら

大切にしてた 夢がひとつ 消えても
おまえだけにしか できないことがある

だから今夜は素顔のこころになって
俺の肩で 思い切り 泣けよ

もしも叶うなら 時を巻き戻して
幼かったおまえを ぎゅっと抱きしめたいよ

何も疑わなかったあの頃の俺たち
俺の肩で 好きなだけ 泣けよ

ゆうべひとりぼっちで 泣いていたのかい
おまえでいることが どんなに辛くても
いつか 振り返って 愛しく思い出す
おまえの そばに いるよ…

アルバム「Last Song」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

矢沢永吉の人気歌詞

矢沢永吉の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.