蛍草 〜つゆくさ〜 歌詞 / 吉岡亜衣加

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 吉岡亜衣加 > 蛍草 〜つゆくさ〜

吉岡亜衣加「蛍草 〜つゆくさ〜」のジャケット画像

蛍草 〜つゆくさ〜

歌手:吉岡亜衣加
作詞:吉岡亜衣加
作曲:Yu

浮かぶ雲に面影を
映してみては
想い出す日々
手を伸ばせば届くような
空は近くて

見上げる私、すいこまれ
蒼に染まって雲間に溶けた
頬撫でる風抱かれて
季節めぐる

夜が訪れる時には
小さな光照らし出す
あなたのことを想うほど
優しくなれるのよ

ひっそり咲いた蛍草のよう
儚い夢と気持ち溢れ出す
そう柔らかに
思い出のそば
いついつまでも
揺れていたい

伝えたい言葉はなぜ
口にするのが難しいでしょう
想い こぼれそうな
安らぎの音色

朝が訪れる時には
小さな微笑みで包む
あなたのことを想うほど
優しくなれるのよ

夜明け前の薄空に月
その時そっと静かに咲くという
蛍草の花
この花びらの
香りに乗せたら
永遠まで

夜が訪れる時には
小さな光照らし出す
あなたのことを想うほど
優しくなれるのよ

ひっそり咲いた蛍草のよう
儚い夢と気持ち溢れ出す
そう柔らかに
思い出のそば
いついつまでも
揺れていたい

いついつまでも
揺れていたい


アルバム「てのひらあわせ」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

吉岡亜衣加の人気歌詞

1 紅ノ絲浅葱色の天空(そら)がいま 燃え
2 薫り語り不意に強く薫る 朱華色(はねずい
3 散らない花たとえば時が戻り 今をやり直せ
4 ひとしずく雨は若葉の色を濃くする 涙も愛
5 緑桜いつもの帰り道 少し遠回りだけ
6 十六夜涙天つ風(あまつかぜ)よ 時の羽(と
7 優しく包めたら…人は誰しもがそう パンドラの箱
8 紅い蜃気楼夢は遙か蜃気楼 揺れて どこまで
9 約束の空嘆きの淵 灯火(ともしび)消える
10 夢色シャボン玉慣れない街 出逢いをつないでく
吉岡亜衣加の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.