メレンゲ「まぶしい朝」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > メレンゲ > まぶしい朝

まぶしい朝 / メレンゲ

「まぶしい朝」歌詞

歌手:メレンゲ
作詞:クボケンジ
作曲:クボケンジ


自分より背の高い影が伸びて 今日がまた終わる
昨日よりあの日から遠くなったはずなのに消えない光

鍵はかけず眠るようになったこの部屋は
いつ君が来ても良いようにしてるんだ

目が覚めて朝の光とまぶしさに君が笑ってて
それだけでここにいるんだと 意味を見いだす当たり前の朝を待ってる

あるいはこんな暮らしを一日でも早く辞められたら
僕なら君を自由にしてあげられると思う根拠などないけど

伝えようのない想いを打ち明けたいんだ
君のせいでこんなに悲しみのイメージが変わってく

すべて許された世界でも君を傷つけてしまうよ
心はいつでも不安定 でも変われる気にはなれたあの晴れた日

目が覚めて朝の光とまぶしさに君が笑ってて

目が覚めて朝の光とまぶしさに君が笑ってて
それだけでここにいるんだと
意味を見いだす
当たり前の朝を待ってる


ドラマ「罪と罰 A Falsified Romance」主題歌
アルバム「ミュージックシーン」収録曲


メレンゲの歌詞ランキング

メレンゲの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.