浜唄 歌詞 / 石川さゆり

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 石川さゆり > 浜唄

石川さゆり「浜唄」のジャケット画像

浜唄

歌手:石川さゆり
作詞:なかにし礼
作曲:弦哲也


朝だ船出だ 錨を上げろ
沖じゃ秋刀魚(さんま)が 待っている。
陸(おか)で手をふる 恋女房に
照れて笑って 綱を巻く。
二千年 二万年
浜じゃこうして 浜じゃこうして 生きてきた。

船は出て行く 朝日が昇る
かもめ飛び立つ にぎやかさ。(東松島・浜甚句)

漁に出る日は 素肌と素肌
あたためあって 送り出す。
無精髭なの 私の亭主
ちくりちくりと 痛かった。
二千年 二万年
浜じゃこうして 浜じゃこうして 生きてきた。

引けよ網引け 大漁網を
月に秋刀魚の 群れ踊り。
船を飾った 五色の旗で
海の風切る 心地よさ。
二千年 二万年
浜じゃこうして 浜じゃこうして 生きてきた。
生きてきた。


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

石川さゆりの人気歌詞

1 花が咲いている花が咲いている 風にゆれながら
2 男の祭り酒斜めに構えて 見得をきる 憂き世
3 天城越え隠しきれない 移り香が いつしか
4 一葉恋歌闇にさえ 桜は咲いて 散らして散
5 津軽海峡 冬景色上野発の夜行列車 おりた時から
6 居酒屋「花いちもんめ」言いたいことがあるからと あん
7 秋のメルヘン白いシャツ 麦わら帽 海の轟き
8 風の盆恋歌蚊帳の中から 花を見る 咲いては
9 夢の浮橋契(ちぎ)らぬ恋でも 罪ですか 比
10 歌、この不思議なもの幼い頃から ふりむけば いつでも
石川さゆりの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.