May'n「鏡」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > May'n > 鏡

May'n「鏡」のジャケット画像

歌手:May'n
作詞:岩里祐穂
作曲:田中秀典

雨が上がれば
何もなかったように日は射して
夜が終われば
何もなかったように朝はきて
街中の窓辺を照らしていく

雑踏のなかを私は歩く
繰り返す人の渦に
飲み込まれるように
この体をあずけて

あなたがいなければ
ここにあなたがいなきゃ
私は自分の姿も何も見えない
あなたと共にいて
この世界を生きれた
あなたは私を映してくれる鏡だった

目が覚めた時
ひとすじの涙があふれていた
夢のつづきで
会いたくて眠ろうとするけど
あの頃も二人もどこにもいない

抜け殻になった私の手足
記憶だけを泳いで
こぼれゆく時間は
まるで砂のようね

あなたがいなければ
ここにあなたがいなきゃ
私は自分の姿も何も見えない
あなたといるだけで
あんなに自由になれた
あなたは明日を教えてくれる鏡だった

どんな風が吹いてますか
どんな夢を追うのですか
まぶた閉じれば 愛しいささやきに
どこまでも 包まれていく

あなたがいなければ
ここにあなたがいなきゃ
私は自分の姿も何も見えない
あなたといるだけで
あんなに自由になれた
あなたは私に明日を教えてくれた
あなたと共にいて
この世界を生きれた
あなたは私を 私のすべてを 映してくれる鏡だった

アルバム「HEAT」収録曲


「鏡」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

May'nの人気歌詞

May'nの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.