ダイスケ「初恋」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > ダイスケ > 初恋 歌詞

初恋 / ダイスケ
Amazonで見る

「初恋」歌詞

歌手:ダイスケ
作詞:ダイスケ
作曲:ダイスケ

グラウンド走る背中を 目で追っていたのは偶然か
赤く染まった頬の色は 夕焼けか恋心か
ノートの隅に書いた君の名前
誰にも見られないように きれいに消して走り出す想い
 
切なくて 少し苦しくても
軽い微熱みたくぼやけても
この胸の中君がいたことが嬉しいんです
君のこと 見ていたいんです
 
適当な理由をつけて一言でも話せたらなと
問題用紙の裏に書くのは 無茶苦茶な言葉の数
教室前の壁にもたれかかって遠くを見るフリをして
僕のココロは君を探しているんだ
 
切なくて 少し苦しくても
軽い微熱みたくぼやけても
この胸の中君がいたことが嬉しいんです
君のこと 見ていたいんです
 
風のウワサに耳にしたんだ君の思いを
何一つ伝わらぬのならば 最後に一つだけ君に届いて欲しいんだ
 
切なくて 少し苦しくても
軽い微熱みたくぼやけても
この胸の中君がいたことが嬉しいんです
君のこと 見ていたいんです

アルバム「ボクにできること」収録曲


ダイスケの人気ランキング

ダイスケの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.