Safarii「夏の終わり、恋の終わり」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > Safarii > 夏の終わり、恋の終わり

Safarii「夏の終わり、恋の終わり」のジャケット画像

夏の終わり、恋の終わり

歌手:Safarii
作詞:Safarii
作曲:Safarii

最初から君は君の場所へ 帰るとわかってた
夏の終わり、恋の終わり 冷たい風が吹いた

君と過ごしたあの日々が まるで遠い昔みたい
夢から覚めたかの様に いつもの忙しい日常に
二人の季節照らした太陽 ビルが邪魔してもう見えないよ
目を閉じれば果てしない空 君といた夏 あの海がほら

出逢った瞬間に恋に落ちてしまったよ
潮風になびいたBrown long hair 日焼けした素肌にナチュラルメイク
高鳴る鼓動おさえて声をかけた
溢れる気持ちもう止められない ずっとここにいられないのに

最後まで君に言えなかった「このまま側にいて」
この想い砂に書けば 波が消してくれるでしょうか
最初から君は君の場所へ 帰るとわかってた
夏の終わり、恋の終わり 冷たい風が吹いた

人で溢れるビーチを背に 君が教えてくれたシークレットビーチ
誰もいない二人のSummer time 終わらない そう思いたいよ
沈む夕日 くれる勇気 見つめる瞳 砂混じりのKiss
その柔らかな唇は 太陽と潮風の味がした

寄り添い見上げた 空に咲く打ち上げ花火
「今度は浴衣で見たいね」って言った君の表情が切なくて
どっちが長いか比べた線香花火
消えない様にと願い込めた でも真っ赤な火は夜に溶けた

最後まで君に言えなかった「このまま側にいて」
この想い砂に書けば 波が消してくれるでしょうか
最初から君は君の場所へ 帰るとわかってた
夏の終わり、恋の終わり 冷たい風が吹いた

遠く離れた今も まだ思い出なんかに出来ないんだ
眩しいくらいキレイな君は きっと真夏が見せた幻

最後まで君に言えなかった こんなに好きなのに
この想い砂に書けば 波が消してくれるでしょうか
最初から君は君の場所へ 帰るとわかってた
季節が何度変わっても この夏を忘れないよ

アルバム「もう一度笑えるから」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Safariiの人気歌詞

Safariiの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.