城之内早苗「遠い花火」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 城之内早苗 > 遠い花火

城之内早苗「遠い花火」のジャケット画像

遠い花火

歌手:城之内早苗
作詞:喜多條忠
作曲:田尾将実


ひとり暮らしの東京に
花火のはじける音がする
窓をあければ夏夜空
遠い花火がありました
あれは十九の頃でした
故郷秋田は大曲
夜空焦がして打ち上がる
恋の花火がありました

お前が好きとささやいて
そっと肩抱く人でした
ままごとみたいな暮らしでも
あなたのそばで幸せでした

今も花火を見るたびに
あなたの笑顔を想います
夢を夜空にひろげては
子供みたいにはしゃぐ人
たった一度の人生で
出会える恋は少なくて
まして別れたそのあとも
想い出す人少なくて

どんな暮らしをしてますか
今もわたしが好きですか
離しはしないと言ったこと
あなたはきっと忘れてる

遠い花火を見るたびに
遠い想い出はじけます
若いということそれだけで
はじけた恋がありました

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

城之内早苗の人気歌詞

城之内早苗の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.