島津亜矢「三日の宿」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 島津亜矢 > 三日の宿

島津亜矢「三日の宿」のジャケット画像

三日の宿

歌手:島津亜矢
作詞:阿久悠
作曲:金田一郎

膝を枕に 本を読む
あなたの髪を すきながら
庭をぼんやり 見ていたら
宿でそろえた 散歩下駄

青い畳が 気に入って
ごろ寝のくせが つきそうと
笑うあなたの 目の中に
私一人が うつってた

一日 二日 もう 三日
あなたと過ごす 旅の宿
もう何も もう何も
いらないね

裾の足りない 浴衣着て
あなたは月を 見上げてる
蛍みたいな 煙草の火
消して流れる 山の霧

指を噛むのは やめてくれ
帰ったあとで 想い出す
無茶をいいたく なったなら
君が困ると いうあなた

一日 二日 もう 三日
あなたと過ごす 旅の宿
もう何も もう何も
いらないね

一日 二日 もう 三日
あなたと過ごす 旅の宿
もう何も もう何も
いらないね

アルバム「悠悠〜阿久 悠さんに褒められたくて〜」収録曲


「三日の宿」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

島津亜矢の人気歌詞

島津亜矢の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.