秦基博「夕凪の街」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 秦基博 > 夕凪の街

秦基博「夕凪の街」のジャケット画像

夕凪の街

歌手:秦基博
作詞:秦基博
作曲:秦基博

夕凪の街で 不意にバスを降りたんだ
大好きだった君と暮らした街

神社まで続く 桜並木の途中で
君によく似た誰かを見つけたから

あれからずっと 振り返ってばかり すぐに結びついてしまうよ
海猫の声が遠く響いた 彼等はどこへ向かうつもりだろう

あの日も空を見上げて つないでた手は ほどけて
さよならもうまく言えないままで 僕らは途切れたんだ

潮騒が 胸の鼓動 掻き消していった
もう聞こえない 思い出の中でしか

これからきっと 君以上に 好きな人になんて出会えない
止まったまま 動けない影が 暮れてく夕陽に形を変えるだけ

ありもしない羽をイメージして 飛べたら君に会えるって
今でもこんな夢みたいなこと 考えてしまうんだよ

あの日の空を重ねて 届かない手を 伸ばして
つぶやいた僕のさよなら 君にも 聞こえているのかい

夕凪の街で 不意にバスを降りたんだ
大好きだった君と暮らした街

「夕凪の街」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

秦基博の人気歌詞

秦基博の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.