藤あや子「泣き鏡」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 藤あや子 > 泣き鏡

泣き鏡

歌手:藤あや子
作詞:松本一起
作曲:久地万里子

哀しい日は哀しくなれ
そう自分に言い聴かせる
たった一つだけの心
もがいたって広がらない
茜色の空はいつか
時間(とき)の中に沈んでいた
こんな夜は好きな人と
逢うことさえ重たくなる
ぐっとこらえていても
見上げられず
ほどいてあげたい
どうしても どうしても
泣きたくなったときには
母よ
あなたの残した手鏡に泣いています

まだ生きてた頃のある日
細い廊下酔って歩く
変な顔とうれしそうに
のぞいていたこの手鏡
父 それともかくすように
一人だけで忍ばせてた
あなただけの男(ひと)だったの
庭の遠くに気にかけてた
ぐっと強がるくせは
受け継いでる
あなたを真似して
いまもなを いまもなを
泣きたくなったときには
母よ
あなたの残した手鏡に泣いています

どうしても どうしても
泣きたくなったときには
母よ
あなたの残した手鏡に泣いています

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

藤あや子の人気歌詞

藤あや子の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.