長澤知之「妖精といた夏」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 長澤知之 > 妖精といた夏

長澤知之「妖精といた夏」のジャケット画像

妖精といた夏

歌手:長澤知之
作詞:山崎将義
作曲:山崎将義

瓦礫の山に妖精を見つけた
壊れたテレビで遊んでる

無邪気な声がどこまでも響いた
月に一度の燃えないゴミの日

忘れかけてる優しいメロディ
あの日拾ったオルゴール

幼い胸が確かに躍った
永遠の空の下で

頼りない小さな手が 触れたものは
もうここには帰らない

あの時と同じ空なのに オルゴールの音は聞こえない
あの時と同じ風なのに 僕らの歌声はとどかない

縁石の上の背くらべは
プールからの帰り道

夕日ににじむ長い影法師
アスファルトになる前の道で

少しずつ失ってゆく
かけがえのないあの頃の宝物

あの時と同じ空なのに オルゴールの音は聞こえない
あの時と同じ風なのに 僕らの歌声はとどかない

瓦礫の山はいつしか消えた
運び去られた夢の跡

妖精達は翼をたたんだ 僕といっしょに帰れなかった
僕といっしょに帰れなかった

アルバム「HOME 〜山崎まさよしトリビュート〜」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

長澤知之の人気歌詞

長澤知之の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.