高橋直純「スピカ」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 高橋直純 > スピカ

高橋直純「スピカ」のジャケット画像

スピカ

歌手:高橋直純
作詞:高橋直純
作曲:高橋直純・チチクリギターズ


ボールが風に押し戻されて
足元弾んで 僕にまとわりついた
ただ それだけ

触れられる物 目に見える物
信じていたのは そこにあった現実
ただ それだけ

だけど引き合う見えない力が
いま ふたりを強く強く響かせる

ふたつの星がひとつになって光り出すように
支えあって求めあって愛しあって
そして 永久(とこしえ)を誓う

笑い合うこと 励ますことも
毎日毎日 そこにあるのが普通
ただ それだけ

季節が巡り星座が変わる
逢えない時間が 少しの距離を作る
ただ それだけ…

ただ それだけ…
ただ それだけ…
ただ それだけ…

ただ…それだけ…それだけだったハズなのに
なぜ こんなに愛しくて切なくて

当たり前とか偶然じゃなく遠い約束
交わしてたそれだけを感じている
ふたつの星がひとつになって光り出すように
支えあって求めあって愛しあって
そして 永久を誓う
そして 永久を誓う

アルバム「infinity」収録曲


「スピカ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

高橋直純の人気歌詞

高橋直純の楽曲一覧を見る▶

関連動画


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.