吉岡亜衣加「約束の空」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 吉岡亜衣加 > 約束の空

吉岡亜衣加「約束の空」のジャケット画像

約束の空

歌手:吉岡亜衣加
作詞:上園彩結音
作曲:四月朔日義昭

嘆きの淵 灯火(ともしび)消える
なぜ人は無常の風に揺られる

凍(こお)る沼に溺れる痛み 乗り越えて
空へ還るその日まで今をあなたと支えたい

いつか約束した空を 見上げて探す
瞬く星になった 戻れぬ日々を抱いて
明日へと生きる

自由と孤独 教えてくれた
もう逢えぬ笑顔に花を手向(たむ)ける

あの日 交わした言葉がまた こだまする
時の砂が刻む風の紋(もん)よ 涙を連れ去って

いつか約束した空が ふたり見守る
夜明けの星はやがて 果たせぬ願い託し
昨日へ消える…

いつか約束した空を あなたと探す
瞬く星になった 祈りが 明日のしるべ
ふたりを照らす

PS3用ソフト「薄桜鬼 巡想録」エンディングテーマ
アルバム「夢花車」収録曲


「約束の空」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

吉岡亜衣加の人気歌詞

吉岡亜衣加の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.