Plastic Tree「ムーンライト――――。」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > Plastic Tree > ムーンライト――――。

Plastic Tree「ムーンライト――――。」のジャケット画像

ムーンライト――――。

歌手:Plastic Tree
作詞:有村竜太朗
作曲:有村竜太朗・長谷川正


おしまいはこんな夜でした 『いつかまたね』って嘘つきなふたり
いますぐに会いたいってわけじゃないけど 君のこと思い出します
夜空とは宇宙の一部で手の届かない領域に例えれば
満ちては欠けてく月でした 墜ちては泣けてく僕でした

傷つくことが恐いから 出来るだけ傷つけることはしません
まして個人的な感情論 ぶつけるのなんてもってのほかで
ともすればプラスティック的関係といえちゃうふたりでしたが
それでも 愛おしいと想い こゝろに穴が空いたようです

メール画面 開いて閉じて たまに 過去を指さき確認
いつの 記録? 好きな言葉だ されど 記憶 期限切れだ

同じ月 同じこと 胸の奥を照らされたら
あと1秒 1光秒 戻るほどに遠い
消えてかない 消えてかない 出口に似た光を
かけ昇れば 君に逢える気がしてムーンライト――――。

現実が変っちゃうことは ちょっとは理解してるつもりだけど
こんな気持ちに終わりはないし この先もやっぱり尽きなさそうだし
未送信フォルダーを整理 残ってたお願い全件削除
『内容が失われますが、消去してもよろしいですか?』

星に 問えば 煌めきすぎて すごい数で気が遠くなる
ならば 呼び名 唱えた呪文 なのに なぜに忘れてくの?

どこまでも どこからも 想うのにね 離ればなれ
誰にもない 誰かじゃない 魔法だけが残る
振り向かない 振り向かない 夢の迷路に迷って
立ち止まれば 君が呼んだ気がしてムーンライト――――。

風も街も雨も花も刻も 吹いて揺れて降って舞って止めて
夢に色に熱に酔に恋に 醒めて褪めて冷めてさめていくのは
嫌 嫌 嫌 嫌

同じ月 同じこと 胸の奥を照らされたら
あと1秒 1光秒 戻るほどに遠い
消えてかない 消えてかない 出口に似た光を
かけ昇れば 君に逢えるんでしょ?
くり返し くり返し 胸の奥を照らされたら
君の声 君の影 隠れた闇探す
守れない約束をたよりにして夜空を
追いかけてく ふたりが今繋がるムーンライト――――。

「小熊のベア部屋」7月エンディングテーマ
アルバム「アンモナイト」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Plastic Treeの人気歌詞

Plastic Treeの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.