夏川りみ「さくら(独唱)」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 夏川りみ > さくら(独唱) 歌詞

夏川りみ「さくら(独唱)」のCDジャケット

さくら(独唱)

歌手:

夏川りみ


作詞:森山直太朗・御徒町凪
作曲:森山直太朗


僕らはきっと待ってる 君とまた会える日々を
さくら並木の道の上で 手を振り叫ぶよ

どんなに苦しい時も 君は笑っているから
挫けそうになりかけても 頑張れる気がしたよ

霞みゆく景色の中に あの日の唄が聴こえる

さくら さくら 今、咲き誇る
刹那に散りゆく運命と知って
さらば友よ 旅立ちの刻 変わらないその想いを 今

今なら言えるだろうか 偽りのない言葉
輝ける君の未来を願う 本当の言葉

移りゆく街はまるで 僕らを急かすように

さくら さくら ただ舞い落ちる
いつか生まれ変わる瞬間を信じ
泣くな友よ 今惜別の時 飾らないあの笑顔で さあ

さくら さくら いざ舞い上がれ
永遠にさんざめく光を浴びて
さらば友よ またこの場所で会おう さくら舞い散る道の上で

アルバム「歌さがし〜アジアの風〜」収録曲


「さくら(独唱)」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

夏川りみの人気歌詞

1 結婚しようよ僕の髪が肩までのびて 君と同じになったら 約束どおり
2 いのちの理由私が生まれてきた訳は 父と母とに出会うため
3 虹のかけら毎日続いている 哀しい話題の ニュースばかり
4 五四〜いつ世の世まで〜黄昏が 染めてく 碧き海へと 願い込めて 遠き道
5 一瞬空が私の 頬を撫でるように 風が吹いてる
6 海の彼方海ぬ彼方 我(わ)ん想(うむ)い風(かじ)に
7 蘇州夜曲君がみ胸に 抱かれて聞くは 夢の船唄 鳥の歌
8 長い間長い間待たせてごめん また急に仕事が入った
9 童神天(てぃん)からの恵み 受きてぃ此(く)ぬ世界(しけ)に
10 てぃんさぐぬ花てぃんさぐぬ花や 爪先(ちみさち)に染(す)みてぃ
夏川りみの楽曲一覧を見る▶
このエントリーをはてなブックマークに追加
amazon検索 iTunes
♪愛メロ♪ちゃんねる
[YouTube] [stand.fm]

関連人気情報

Independent Girl〜独立女子であるために / Buono!
Independent Girl〜独立女子であるために
Buono!

♪目を覚ましてよ そんな涙をなが
カタオモイ。 / Buono!
カタオモイ。
Buono!

♪最初はね 全然なんとも思わなか
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.