五木ひろし「おしろい花」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 五木ひろし > おしろい花 歌詞

おしろい花

歌手:

五木ひろし


作詞:たかたかし
作曲:木村好夫


雨の中咲いている 白粉花には
おまえのさみしい 横顔が似合う
涙ぐせ不幸ぐせ
いつもあきらめ先に立つ
ふたたびのめぐり逢い もしもかなうなら
おまえをもう二度と 離さない

好きだからいいのよと この腕(て)にくずれた
おまえのぬくもり 襟足のほそさ
泣きぼくろ白い指
長いまつ毛に宿る露
しあわせの入り口で 泣いちゃいないかと
気づかう水割りの ほろ苦さ

人の世のかなしみを おまえとせおって
あのとき出直す ことも出来たのに
涙ぐせ不幸ぐせ
今もひとりで暮らすのか
ふりむけば街の灯が 遠くにじんでる
旅路のはてまでも 匂う花

「おしろい花」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

五木ひろしの人気歌詞

1 VIVA・LA・VIDA!〜生きてるっていいね!〜青空 そよ風 桜の香り 恋人 口付け あふれる涙 命の
2 ぽつんとひとりきりほろりと明かりが灯る街
3 わすれ宿これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは 書き入れる
4 このままずっと背中をみつめて 何度泣いたでしょう 涙を隠した
5 365本のひまわり泣いている あなたを がんばれと 励ますより
6 春夏秋冬・夢祭りハアー 一つ 人より ひたむきに 夢は いのちの花舞台
7 バックミラーもう終わりなんだね ほどけた指先 なにも言わずに
8 恋歌酒場恋歌酒場 とどけよ恋よ 想いを籠(こ)めて 今宵も歌う
9 冬の唄手あぶり火鉢が あった頃 煙草は 今よりうまかった
10 長崎から船に乗って長崎から船に乗って 神戸に着いた ここは港まち
五木ひろしの歌詞一覧を見る▶

関連人気歌詞

DO It / twenty4-7
DO It
twenty4-7

♪(O・O・O・Oh) I got it, I do i
星影のワルツ
千昌夫

♪別れることは つらいけど 仕方が
男はつらいよ 
渥美清

♪(セリフ) 私生まれも育ちも葛飾
R-指定 / 相川七瀬
R-指定
相川七瀬

♪誰と会うの? 誰と居るの? いい
夢見る少女じゃいられない / 相川七瀬
夢見る少女じゃいられない
相川七瀬

♪午前0時の交差点 微熱まじりの憂
ほしのかずだけ
マユミーヌ

♪はじめまして よろしくね きみが
ビリーブ / 井上あずみ
ビリーブ
井上あずみ

♪たとえば君が 傷ついて くじけそ
Work It Out! / 倖田來未
Work It Out!
倖田來未

♪Here we go 足あげて Sunshine
I LOVE YOU / 島谷ひとみ
I LOVE YOU
島谷ひとみ

♪I love you 今だけは悲しい歌 聞
三百六十五歩のマーチ
水前寺清子

♪しあわせは 歩いてこない だから
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.