Aqua Timez「流星のうた」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > Aqua Timez > 流星のうた

Aqua Timez「流星のうた」のジャケット画像

流星のうた

歌手:Aqua Timez
作詞:太志
作曲:Aqua Timez

言葉はためいきと共に消えた 星が滑り落ちてしまうように
キミという地球に近づき 届かないまま とけてなくなる
今は まだ こうして・・・
ありふれた今日を生きることの中でただ 想いを紡ぐのさ
一瞬でもいいさ 輝きながら 闇を彩れたら

太陽にかきけされる時も 臆病な光で歌ってるよ
淋しい時にだけでいいんだ 空の向こうから歌ってるよ
今も まだ こうして・・・ きっと そう ずっと そう
ありふれた今日を生きることの中でまた 想いがあふれるよ
夜と朝が混じりあうその前に 君を待っているよ

ありふれた事さ ありふれた夢さ
雲の隙間をさがして歌う
寂しいほど光る 悲しいほど光る
美しい奇跡で汚すよりはいいだろう?

「流星のうた」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Aqua Timezの人気歌詞

Aqua Timezの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.