Safarii「Story」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > Safarii > Story

Safarii「Story」のジャケット画像

Story

歌手:Safarii
作詞:Safarii
作曲:Safarii

日焼けあともなくなって白くなった 時おり北寄りの風が吹く
はしゃぎ疲れた日々は過ぎ去る 空は高く もう手を伸ばしても届かず
街路樹が色づき出すと 寒がりだった君思い出すよ
クローゼットの奥にまだ 君が編んだ不細工なマフラー

あの頃何もわかってなくて わかっていたのは勝手だって事くらい
どのくらいの愛がそこにあったんだろう
でも勝手なのは相変わらずみたいで 目を閉じればそこにあるのは
二人笑い合った日々の光景 17のまま永遠に心で…

例え100年以上たっても 決して色褪せやしないストーリー
君と過ごしたあの季節は生き続けていく
花びらが落ちて土に還り やがて芽を出しまたも咲き誇る様に
繰り返す無限のループ 生まれ変わってもまた会える

酷く暑かったあの夏の日 突然おとずれた初恋
今までのそれと違って 目に映るもの全て光ってる
何かに導かれる様に巡り逢った二つのストーリー
飛行機雲みたいに二人並んで 月日を重ねられると思ってたね

でも若過ぎる恋はあまりにも もろく儚く散って行くもの
胸の痛みに愛を教えられた 今なら言える君にありがとう
忘れないよあの日の涙を

例え100年以上たっても 決して色褪せやしないストーリー
君と過ごしたあの季節は生き続けていく
花びらが落ちて土に還り やがて芽を出しまたも咲き誇る様に
繰り返す無限のループ 生まれ変わってもまた会える

40億の歴史と60億の人々 同じ時同じ場所で巡り逢えた奇跡
生まれ変わってもまた君と恋に落ちるよ

例え100年以上たっても 決して色褪せやしないストーリー
君がくれた思い出は生き続けていく
離ればなれになって大人になって たくさん恋もして来たけど
いつまでもいつまでも 君だけはずっとこの胸に

例え100年以上たっても 決して色褪せやしないストーリー
君と過ごしたあの季節は生き続けていく
花びらが落ちて土に還り やがて芽を出しまたも咲き誇る様に
繰り返す無限のループ 生まれ変わってもまた会える

ah- 夢を見てた 君の瞳に映った僕を
ah- 夢の中 あの日の様に君は笑った
ah- 夢を見てた 君の瞳に映った僕は
ah- 夢の中 あの日の様に君に出逢えた

アルバム「恋愛小説」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Safariiの人気歌詞

Safariiの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.