SPANK PAGE「不器用な情景」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > SPANK PAGE > 不器用な情景 歌詞

不器用な情景 / SPANK PAGE
Amazonで見る

「不器用な情景」歌詞

歌手:SPANK PAGE
作詞:仲手川裕介
作曲:仲手川裕介


痛みのわかる人でいたつもりなの?
枯れ葉が舞う季節に人は思う
疑い深くなってしまうから
言葉だけじゃ足らないことくらい分かってるのに
不器用な僕らはいつも逃げてしまう
 
涙なくしては生きれない
たまには笑顔ものぞかせ
12ヶ月のうち君に会いたいとほとんど思っている
うつろな視線の先に
ぼくらの未来の情景が映りこんでいればいいな
いたらいいな
それがいいな
 
地球が暖まりすぎて
それでも最後は一緒にいれたらなんて
無責任なそんな会話はするはずもないが
生き方の違い 家を継いだり 夢を追いかけたり
そんな類で幾度もぶつかりあった
 
弱音を吐かずに生きていく
たまに見せた涙が悔しくて
今はまともに顔むけれないから
あかね色に染まる鎌倉の道の途中で
また来れたら
そう思ってくれてたら
うれしいな
 
涙なくしては生きれない
たまには笑顔ものぞかせ
12ヶ月のうち君に会いたいとほとんど思っている
夢見ることだけじゃ物足りなくなってきて
不器用な けど確かな想いなら
届くような
(気がするかな…)

映画「すべては海になる」主題歌


SPANK PAGEの人気ランキング

この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.