鴉「ココニナク」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > > ココニナク

鴉「ココニナク」のジャケット画像

ココニナク

歌手:
作詞:近野淳一
作曲:近野淳一

手を伸ばしたその時には
あの人はもうここになく
あの人がどこへ行っちまったか教えてください

灯りが消えたこの部屋で
手探りで探す幸せは
時には甘く 時には重く
互いの道を描いた

空が星と重なれば
夢物語を口ずさみ
空を雲が目隠しすれば
光の意味を語り合った

街は今日も賑わいて
人の気も知らずはしゃぐ人の群れ
それはまるで
あの人を置き去りにして逃げていった
情けない俺 そのものだ

「知らなかった」なんて言ったって
あの人はもうここになく
あの人がどこへ行っちまったか知るものなどない

鼓動が刻む存在の音
孤独が刻む後悔の音
一人になる前にまだ 聞きたいことがあった

どうしてこうなった?
なにがどうなった?
写真の奥 笑っている

あの人はもうここになく
あの人かどこへ行っちまったか教えてください

「ココニナク」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

鴉の人気歌詞

鴉の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.