鴉「向かい風」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > > 向かい風 歌詞

向かい風 / 鴉
Amazonで見る

「向かい風」歌詞

歌手:
作詞:近野淳一
作曲:近野淳一


向かい風に絶唱 この想い届くまで
舞い散る涙の幻想 君が待ってる気がして

寝起き悪く朝を迎え
細目で歩く決定事項
電話一本 嘘一個で 羽一枚
行動範囲蹴散らして旅に出た

アスファルトの丘のぼってゆく
君が住んでる街 見下ろしたけれど

小さすぎて

巡り巡って現状 景色から目を逸らす
君が描いた思い出 今 その場所にひとり
虚しさを読んだ気象 落ち葉だけ踊らせた
見て見ぬふりした僕の表情を風が打つ

風の中 目が覚めた

誰かに後ろ指さされ
捨てたもの 今 拾いにゆこう
だってそれは昨日見た誰かが持っていたんだ
素晴らしく輝いて

君になりたかったわけじゃなくて
君として見てみたかっただけ

自分不足で

向かい風に立って 胸に手をあててみる
鳴り止まない絶望 この声は耐え兼ねた
向かい風に絶唱 この想い届くまで
舞い敗る涙の幻想 君が待ってる気がして


「侍チュート!」1月〜3月度エンディングテーマ
アルバム「未知標」収録曲


鴉の人気ランキング

鴉の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.