月島十六夜(小野大輔)「Home Station」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 月島十六夜(小野大輔) > Home Station

Home Station

歌手:月島十六夜(小野大輔)
作詞:こだまさおり
作曲:生田真心(ikutaMachine)


心のアルバム 一番に出てくるのは
大切な思い出より ありふれた瞬間の残像で
ぼやけたシーンに 流れる手ばなしの愛
いつだって包むような あたたかい存在たち

あなたを今も遠い町で思う人

家路を急ぐ波に 何故だか乗り遅れて
小さな迷子のような顔で 動けずにいるのなら
あと何本か見送って その時間をここで過ごそうか
悲し気な今日のページ 優しいぬくもりが灯るまで

ぽつりぽつりと、つぶやいたくちびるから
やわらかな記憶の点 まるで慈しむように

きっとここまで来る間もそうやって

一人じゃないんだって いつもはわかってても
時々崩れそうになること 言えなくて辛いなら
あなたを心配する役 これから先引き受けていこう
新しいそのページで交わす「おかえり」を、この場所で

家路を急ぐ波に 何故だか乗り遅れて
心細い迷子のような顔で 動けずにいるのなら
また何本か見送って その時間をここで過ごそうか
悲し気な今日のページ 優しいぬくもりで溢れるまで

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

月島十六夜(小野大輔)の人気歌詞


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.