Plastic Tree「1999」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > Plastic Tree > 1999 歌詞

Plastic Tree「1999」のCDジャケット

1999

歌手:

Plastic Tree


作詞:有村竜太朗
作曲:ナカヤマアキラ


ハレルヤ ほうき星
悲観主義未来予想図は ノストラダムスの芝居
いく年月数えれば1、2、3、4、5、6、7、8、9、10年経過
両手ほどの涙 宇宙へと注いで

動脈 静脈
進化論は過渡期ですけど 天才にはなれません
心臓の奥 はなやぐ血 ドクドク独毒 時々ドキドキ 忙しくてさ
裏側にあるこゝろ ネジがサビました

1999年
世界はちょっと終わりっぽかったけど
なんにもなくお伽話な嘘は消えた
1999年
素晴らしい未来なんてないって
なんにもない自分が嫌で信じてただけ

ヘッドホン 不協和音
レプリカントの方舟 記憶の価値がチケット
独り言のカウントで10、9、8、7、6、5、4、3、2、1で僕は
電気羊の夢で、静かな月面へ―。

1999年
世界はちょっと終わりっぽかったけど
なんにもなくお伽話な嘘は消えた
1999年
素晴らしい未来なんてないって
なんにもない自分が嫌で信じてただけ

新世界 点滅 何秒
イマジネーション
現実 非常事態
意識的 ブラックアウト
蜃気楼 明滅
存在 アブストラクション
ゴースト 救済
慈愛的 ブラックホール

1999年
世界はちょっと終わりっぽかったけど
なんにもなくお伽話な嘘は消えた
1999年
僕ならちょうど永遠に疑問で
なんでもないフリしながら答えを探していた

アルバム「ドナドナ」収録曲


「1999」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Plastic Treeの人気歌詞

1 鳴り響く、鐘あのね、 雨上がりの空 見つめすぎた駄目な僕は
2 月の光をたよりにもう夜って気付くまで だいぶかかった 星屑のシグナル
3 涙腺回路涙腺 桔れた 回路 なにが外れちゃったんだろ?
4 あまのじゃく空耳は君の声 騒がしい春の風 感傷に浸るには
5 メデューサ編み込んだ目は味わい深く さりげなく
6 C.C.C.何故か すぐに忘れてしまうせいで
7 remain明かり灯せば薄れてく雨 窓に当たってく
8 スウィング・ノワール馴れ合って寄り添って重なって早送り
9 Light.Gentle.and Soul.なるべくなら僕は 今日じゃなくて明日でもなくて
10 月に願いをふいに解く指 足りない距離
Plastic Treeの楽曲一覧を見る▶
このエントリーをはてなブックマークに追加
amazon検索 iTunes
♪愛メロ♪ちゃんねる
[YouTube] [stand.fm]

関連人気情報

残 / DIR EN GREY

DIR EN GREY

♪剥き出しのありとあらゆる甘脳 D
モンロー / 阿部真央
モンロー
阿部真央

♪甘美な魅力 キュートな響き (そ
サラリーマンの唄 / 阿部真央
サラリーマンの唄
阿部真央

♪出張先へ赴く電車は嫌いな上司と
ホモ・サピエンス・ラプソディ
キョン(杉田智和)

♪こうなる事に決まってる 今更止
00:00:00
口ロロ

♪一秒 また一秒 涙が一滴 また一
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.