甲斐バンド「昨日のように」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 甲斐バンド > 昨日のように

昨日のように

歌手:甲斐バンド
作詞:甲斐よしひろ
作曲:甲斐よしひろ

僕の話を聞いてくれる
あの人は哀しい女だった
飲みかけのグラスに嘘を数えて暮らす
僕のすべての愛は あの日においてきた

日々の暮らしは荒れていた
うつろな瞳で男を誘い
つかのまの夢に 体ふるわせた
悲しく羽根もない小鳥のように

果てることのない この世の中で
果てることのない 人の流れの中
あの人は いつわりだけが
味方だと つぶやいた
あの女の胸に 灯をつけるのは
マッチをするより 簡単さと
くわえ煙草の 煙りの中
一人の男がそんな風に うそぶいた

くるはずのない 春の日射しのような
くるはずのない 倖せの中で
あの女は眠るように
死にたいと泣いたんだ

もどれはしないこの人生の
もどれはしないあの街角に
想い出だけが昨日のように
僕の名前だけを呼んでいた
昨日のように

呼んでいた(昨日のように)
呼んでいた(昨日のように)

アルバム「ロッカ・バラード」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

甲斐バンドの人気歌詞

甲斐バンドの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.