甲斐バンド「最後の夜汽車」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 甲斐バンド > 最後の夜汽車 歌詞

「最後の夜汽車」歌詞

歌手:甲斐バンド
作詞:甲斐よしひろ
作曲:甲斐よしひろ


スポットライトは どこかのスターのもの
陽のあたらない場所を 僕は生きてきた
ふりそそぐ白い 月あかりにさえ
肩をすぼめては 目をとじてきた
君が乗った 最後の夜汽車が
僕の街を遠去かる
 
拍手が鳴りやみ 客がいなくなっても
歌いつづける 悲しいシンガーのように
僕はいつでも 冷たい君に
苦い涙を 歌いつづけた
君が乗った 最後の夜汽車が
僕の街を遠去かる
 
僕が淋しいって 言ったら
あの人はバカねって そっと微笑った
ほほに優しく 手をやりながら
僕しかいないって 言ってくれた
君が乗った 最後の夜汽車が
僕の街を遠去かる
 
白い月あかりの その裏側で
僕はゆがんだ 顔を洗った
白い月あかりの その裏側で
涙のかけらを 洗いおとした
君が乗った 最後の夜汽車が
僕の街を遠去かる
君が乗った 最後の夜汽車が
僕の街を遠去かる

アルバム「ロッカ・バラード」収録曲


甲斐バンドの人気ランキング

甲斐バンドの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.