甲斐バンド「陽の訪れのように」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 甲斐バンド > 陽の訪れのように

陽の訪れのように

歌手:甲斐バンド
作詞:甲斐よしひろ
作曲:甲斐よしひろ

霧雨が静かにまいおりて
銀色に歩道をひたしてる
恋しいあの人の顔が窓にうつり
夜はゆっくりと更けていく

いつも寂しいこの停車場で
行ってしまった人を待っている
長いコートに ああ けだるいひとみの
あの人を誰か 知らないかい

陽の訪れのように あらわれては消えた
私を一人にしていってしまった

夜汽車の汽笛 聞くたび
街の灯 にじんでゆれた
一度だけ抱かれ 熱く燃えあがった
炎をしずめもせずに消えはてた

ためらいのまま愛は
私の胸の扉たたき
ふりむきもしないで ああ この人生を
悲しみだけのこし 過ぎてゆく

陽の訪れのように あらわれては消えた
私を一人にしていってしまった

陽の訪れのように あらわれては消えた
私を一人にしていってしまった

アルバム「ロッカ・バラード」収録曲


「陽の訪れのように」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

甲斐バンドの人気歌詞

甲斐バンドの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.