甲斐バンド「男と女のいる舗道」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 甲斐バンド > 男と女のいる舗道

男と女のいる舗道

歌手:甲斐バンド
作詞:甲斐よしひろ
作曲:甲斐よしひろ

男と女が舗道に立って
かまれた傷を いやす
君と僕がこの街のぬくもりに触れ 肩を寄せる
そんな風に 昨日は過ぎていった
いつも優しい笑顔で いようなんて
時は許しちゃくれない

女は泣きじゃくり
男のポケットに 愛を捜す
君は振り返り僕に 昨日の優しさ求める
そんな風に 今日も過ぎてゆく
いつ迄も曲り角で すごそうなんて
時は許しちゃくれない

このさんざめく 街の底では
優しすぎて 哀しすぎて

男は女に やっぱり俺じゃないと
手を振ってみる
君は僕の背に 憎しみのこぶしをたたきつける
それでもすぐに 明日はやってくる
いつも強い人間で いようなんて
時は許しちゃくれない

このさんざめく 街の底では
優しすぎて 哀しすぎて

男と女が舗道に立って
かまれた傷を いやす
君と僕がこの街のぬくもりに触れ 肩を寄せる

アルバム「ロッカ・バラード」収録曲


「男と女のいる舗道」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

甲斐バンドの人気歌詞

甲斐バンドの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.