甲斐バンド「嵐の季節」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 甲斐バンド > 嵐の季節 歌詞

嵐の季節

歌手:

甲斐バンド


作詞:甲斐よしひろ
作曲:甲斐よしひろ


けだるく何もない 昼下がり
最後のビールを 飲みほして
手持ちぶさたで テレビを観たら
ニュースの アナウンサーが
熱い季節ですと ささやく

窓を開けると 声がする
耳を澄ますと 足音がする
俺を呼ぶ声に 振りむけば
新聞の コラムの年寄りまでが
熱い季節ですと わめくのさ

そうさコートのえりを立て
じっと風をやり過ごせ
みんなこぶしを握りしめ
じっと雨をやり過ごせ
いまは嵐の季節

ブザーが鳴って ドアが開く
見知らぬ女が 叫ぶのさ
若さは仮面よ 待っていては
遅すぎるわ 愛しあう日はもう来ない
熱い季節なのよって

愛がほしいなんて 言いはしない
だから君にも あげはしない
ただおいらは 街角に立ち
お前の バラ色の髪に顔をうずめ
現在(いま)を感じていたいのさ

そうさコートのえりを立て
じっと風をやり過ごせ
みんなこぶしを 握りしめ
じっと雨をやり過ごせ
いまは嵐の季節

そうさコートのえりを立て
じっと風をやり過ごせ
みんなこぶしを 握りしめ
じっと雨をやり過ごせ

アルバム「ロッカ・バラード」収録曲


「嵐の季節」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

甲斐バンドの人気歌詞

1 BLUE LETTERとある小さな海岸沿いの町 俺はお前と出会った
2 最後の夜汽車スポットライトは どこかのスターのもの
3 熱狂<ステージ>人は誰もが星をさがして歩き続けてる
4 ラヴ・マイナス・ゼロ月あかり高鳴る時間は終わり
5 昨日のように僕の話を聞いてくれる あの人は哀しい女だった
6 甘いKissをしようぜ痛くなんかなくなってた 愛なんてもんは
7 嵐の季節けだるく何もない 昼下がり 最後のビールを
8 エメラルドの爪先ああ 熱かったあの季節をあなたは
9 ラン・フリー(スワン・ダンスを君と)銀の糸のように空を きらめきつたって降りてくる
10 Blood in the Street裂かれるな 灼かれるな 砕けてく
甲斐バンドの歌詞一覧を見る▶

関連人気歌詞

残 / DIR EN GREY

DIR EN GREY

♪剥き出しのありとあらゆる甘脳 D
00:00:00
口ロロ

♪一秒 また一秒 涙が一滴 また一
人魚 / NOKKO
人魚
NOKKO

♪アカシアの雨にうたれて 泣いて
忍ぶ雨
伍代夏子

♪人目にふれる 花よりも 影で寄り
アイ / 秦基博
アイ
秦基博

♪目に見えないから アイなんて信
I am GHOST -孤独な人生- ft. Sowelu / G
I am GHOST -孤独な人生- ft. Sowelu
G

♪You don't know my way Everyday
夏の終わり
Half-Life

♪蝉の声 遠くで 踏みつぶした 抜
校廻 〜koukai〜 / アンティック-珈琲店-
校廻 〜koukai〜
アンティック-珈琲店-

♪大人になることなんて 意識は無
飽きる
口ロロ

♪僕はいつでも そうさいつでも す
ふられ上手
真木柚布子

♪壊(こわ)れたヒール ぶらさげて
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.