アンティック-珈琲店-「雨の繁華街」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > アンティック-珈琲店- > 雨の繁華街 歌詞

雨の繁華街 / アンティック-珈琲店-
Amazonで見る

「雨の繁華街」歌詞

歌手:アンティック-珈琲店-
作詞:みく
作曲:アンカフェ

夜のネオンに光る街は 何故か冷たく凍てついて
雨降り濡れる君の髪は いつも以上に大人だった
 
センチメンタルニ 浸り落チテ腐リケリ
 
前髪を避けて見える顔は 強がり見せて淋し気で
抱きしめる理由なんてないよ
ただ交わしてる夜もあった
 
センチメンタルニ 浸り落チテ腐リケリ
 
君のコロン、何故か懐かしい、揺らめく日々が
朝が来るまで一緒にいてね、時間よ止まれ
 
僕は君の事好きだよ?君は僕の事が好きかい?
抱きしめてもっとキスして
繋いだ手を離さないでいて
 
センチメンタルニ 浸り落チテ腐リケリ
このまま二人で 思い出を作ろかい
 
君のコロン、何故か懐かしい、揺らめく日々が
朝が来るまで一緒にいてね、時間よ止まれ
嘘のゆびきり、駅のホームで、また逢おうよって
お別れだけど、さよならまたね、また逢う日まで
 
「嘘のゆびきり、さよならまたね、また逢う日まで」
 
こうして別の道々を歩いて離れて薄れてゆく
そんな日々の毎日が繰り返され巡り逢うから
 
抱きしめてもっとキスして
繋いだ手を離さないでいて

アルバム「アンティック-珈琲店-」収録曲


アンティック-珈琲店-の人気ランキング

アンティック-珈琲店-の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.