アンティック-珈琲店-「悲想橋」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > アンティック-珈琲店- > 悲想橋 歌詞

悲想橋 / アンティック-珈琲店-
Amazonで見る

「悲想橋」歌詞

歌手:アンティック-珈琲店-
作詞:みく
作曲:アンカフェ

君がくれた思い出たちと、沢山の愛を
僕は知らずそっと溝川に続けていた

ステージの上からいつも見える君の顔は、
悲しそうな顔で満ち溢れていた
ライブ後の帰り道、君はいつものように、
「良かったよ」の一言を悲しそうに言った

知ってた、貴方が、悲しみ泣いてた夜を
楽しくて、貴方を、僕はもて遊んでいた

僕があげた思い出たちと、偽りの愛を
君は知らずずっと踊らされて信じ続けていた

ステージの上からいつも見える君の顔は、
悲しそうな顔で満ち溢れていた
ライブ後の帰り道、君はいつものように、
「良かったよ」の一言を悲しそうに言った

さよなら来る時、なぜか泣いてた僕は
悲しくて、貴方を、僕は抱きしめ続けた

不安と、孤独さを胸に抱いて生きる僕に
勇気と、希望をくれたのは貴方でした

僕があげた思い出たちと、偽りの愛を
君は知らずずっと踊らされて信じ続けていた
君がくれた思い出たちと、沢山の愛を
今、思い出すと胸が苦しいの何故でしょう…


アルバム「アンティック-珈琲店-」収録曲


アンティック-珈琲店-の人気ランキング

アンティック-珈琲店-の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.