アンティック-珈琲店-「校廻 〜koukai〜」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > アンティック-珈琲店- > 校廻 〜koukai〜 歌詞

アンティック-珈琲店-「校廻 〜koukai〜」の歌詞を収録したCDジャケット画像

校廻 〜koukai〜

歌手:アンティック-珈琲店-
作詞:みく
作曲:アンカフェ

大人になることなんて 意識は無かった
周りの辛さ無視して 自由に生きていたんだ
誰かに優しくするなんて 余裕さえなく途方に暮れていた

今頃 何をしてるの? 元気にしているの?
最後に見せた笑顔は 写真の中のキミで

人ゴミに流されるままに 変わってゆく自分をただ見ていた
言葉にするのが臆病で 人に生まれてきたことを悔んだ

卒業写真を見るたび思った 今では言えるのにあの“一言”を
悔しいよ ページはいつも開いたまま

今年も春が巡って 記憶が舞い降りて
キモチとか想い出だとか 抱えて生きてくんだね

楽しいだけの瞬間が どれほど楽だったかを考えた
どれくらいの想いが募り 伝わるなんて誰にもわからない

同じ時間を過ごせた喜びと 離れてわかった この悲しみが
心の戸惑いの中に泳いで
いつも気になって夢を見ていた 同じ飴玉を転がしていた
吐いたあと「逢いたい」とポロリ 涙が出た

夢よ覚めないで 逢いたい逢いたい すぐに

同じ時間を過ごせた喜びと 離れてわかった この悲しみが
心の戸惑いの中に…

卒業写真を見るたび思った 今では言えるのにあの“一言”を
悔しいよ ページはいつも開いて
最後の言葉さえ届かなかった 聴かせて欲しかった 嘘でいいから
気持ちはいつでもずっと あの日のまま

アルバム「アンティック-珈琲店-」収録曲


「校廻 〜koukai〜」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

アンティック-珈琲店-の人気歌詞

アンティック-珈琲店-の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.