アンティック-珈琲店-「巡り逢えた奇跡」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > アンティック-珈琲店- > 巡り逢えた奇跡 歌詞

巡り逢えた奇跡 / アンティック-珈琲店-
Amazonで見る

「巡り逢えた奇跡」歌詞

歌手:アンティック-珈琲店-
作詞:みく
作曲:アンカフェ

とめどなく続く青い空で僕等は一緒に
果てない未来に不安持って戦い続ける
 
傷を負って 渇いた心 隠さずに水をあげよう
 
悲しい時 ほら一緒に痛みを分けて涙を流そう
一人ぼっちに感じても 僕等は君を待っている
 
限られた時の中でどんな事が出来るだろう
たまには生きることに命をかけて頑張ろう
 
汗を流し 涙を流し 熱くなって大袈裟に笑おう
 
信じてみよう ほら一緒に笑顔からすべてがはじまるよ
約束しよう いつか君は優しい風になることを
 
傷を負って 渇いた心 隠さずに水をあげよう
 
悲しい時 ほら一緒に痛みを分けて涙を流そう
一人ぼっちに感じても 僕等は君を待っている
これから先もずっと一緒に目に映るものすべてを愛し
巡り逢えたこの奇跡を強く抱いて生きていこう
 
これから先もずっと一緒に
巡り逢えたこの奇跡を

アルバム「アンティック-珈琲店-」収録曲


アンティック-珈琲店-の人気ランキング

アンティック-珈琲店-の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.