アンティック-珈琲店-「スノーシーン」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > アンティック-珈琲店- > スノーシーン 歌詞

アンティック-珈琲店-「スノーシーン」の歌詞を収録したCDジャケット画像

スノーシーン

歌手:アンティック-珈琲店-
作詞:みく
作曲:アンカフェ

もうすぐ今年も冬が来るよ 隣に居たキミはいない
何を思って過ごせばいいの? 「逢いたい」じゃダメかな?

好き同士ではなかったね なんとなく付き合い始め
自分に無いものに惹かれ 互いに好きになってた

「ずっと側にいよう」なんて決まり台詞
叶わないの知ってた

別々の道歩いてるけど 頭からキミが離れない
もう一度振り向いてくれるなら キミ以外いらない

「逢いたい」けど住んでる街 伝える手段もわからない
今年の冬 キミは誰と何をして過ごすのかな?

気持ちがあるのはきっと自分だけなんて思うと切ない

何気に過ぎた時間と場面 言動がキミが居なくなり
大切なモノになってゆく 離れて気づいたよ

あの頃は恋に恋をしていたね
だけど今は胸張って好きといえる

無邪気に笑いあうあの頃に 戻りたいと窓を眺める
溢れる涙がキミと見た 雪景色を溶かす

もうすぐ今年も冬が来るよ 隣に居たキミはいない
何を思って過ごせばいい? 「逢いたい」じゃダメなのかな?
雪が降りだす

アルバム「アンティック-珈琲店-」収録曲


「スノーシーン」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

アンティック-珈琲店-の人気歌詞

アンティック-珈琲店-の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.