SUPER BEAVER「電波」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > SUPER BEAVER > 電波

SUPER BEAVER「電波」のジャケット画像

電波

歌手:SUPER BEAVER
作詞:柳沢亮太
作曲:柳沢亮太

真夜中一人部屋の隅っこで 携帯片手に一つ欠伸を
今わかるのは少し眠いこと それ以外は何にもわからなくて

繋がってるのは 電波だろうか
心だろうか

過ぎてく日々 いつかの笑顔 思い出しても
思い出のまま 今 何をしてんだろう 何処にいるんだろう
戸惑いながら焦ってるのは 君だけじゃなくて
僕もそうだよ そう伝えたかった

考え過ぎるのは悪い癖 君に言われたのはいつだっけ
強がってばかりいた気がするな 「なんとかなる」自分に言い聞かせて

時計の針の音が やけにうるさい
止まればいいのに

あれからもう 何年か経って 少しは僕も
大人になったかな あらゆることが 現実になるけど
大丈夫だよ 相も変わらずくだらない話で
笑ってるから 心配しなくていい

過ぎてく日々 いつかの笑顔 思い出しても
思い出のまま だけどきっと
それで良いんだって そう思った

ありがとう ほら たまに感じる 君の優しさとか
言葉の中にある 強い思いや 決意が僕の
背中を押して 光となって 心が震える
君にとって 僕もそうでありたい

アルバム「幸福軌道」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

SUPER BEAVERの人気歌詞

SUPER BEAVERの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.