一青窈「白昼夢」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 一青窈 > 白昼夢

一青窈「白昼夢」のジャケット画像

白昼夢

歌手:一青窈
作詞:一青窈
作曲:小林武史

ふとくて大きいから好き
ケンタのポテトはあなたのお気に入り
向かい合ってセンター街
あの太陽から隠れていたいのよ
あたしたちどうやら
どうしようもなく暇
ぜんぶたべていいよ
口元見て
たべて
あたしの

呼吸ぴんくに変えたら
誰にも見つからず
二人は白昼
むちゅう
目を覚ましたのは
あたしの中の娼婦みたいなもんだわ
やっぱやめよっかな
ぜんぶあげたいな
たべて
あたしのも食べてみてみて
たべて

あまりに美しいから近寄ってみた
あまりに綺麗だから手で
ふれてみた
それは蝶々のかたちをしていた
それは心をもっていたので
あっという間に逃げてゆきました
私はとても悲しくて
まるで夢を見ているみたいでした
どこかに閉じ込められないし
あっという間に増えてしまうし
消えてしまうから
つかまえても
まだ夢をみていたいの
夢をみて
いたいの
夢をたべて
たべて

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

一青窈の人気歌詞

一青窈の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.