アンティック-珈琲店-「alone」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > アンティック-珈琲店- > alone 歌詞

アンティック-珈琲店-「alone」のCDジャケット
Amazonで見る

「alone」歌詞

歌手:アンティック-珈琲店-
作詞:みく
作曲:takuya

いつから孤独を一人で感じ生きてきた?
いつから距離を感じて過ごしてきた?
 
いつでもボクは持っていたよ みんなのあったかい温もり
期待もしていた けれども誰も手を差し伸べてはくれない
 
一人で生き 一人で歌うたい いつでも過ごしてきた
ありふれた優しさじゃ今はもう届かない
 
一人で居るこの孤独が
 
いつから笑顔を振りまくことに慣れていた?
いつから本当の笑顔を失っていた?
 
強がることしか出来なくて 甘えることすら出来なくて
愛の乏しさに震えていたよ 全てが離れて行くようで
 
時計仕掛けの幸せはボクを置き去りにしていった
結局なにもかも 崩れ落ちていった
 
ひたすら叫んだ未熟な歌は 一番大事なキミ達を
明日へと 連れていけず 空に消えていく
 
碧過ぎたあの空はボクには 眩しく見えなかった
届かない歌声は愛をすり抜けてく
一人で生き 一人で歌うたい いつでも過ごしてきた
ありふれた優しさじゃ今はもう届かない
 
いつの日か消えるように

アルバム「BBパラレルワールド」収録曲


アンティック-珈琲店-の人気ランキング

アンティック-珈琲店-の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

パラレル feat. 秦基博 / 冨田ラボ
朝散歩 / RAG FAIR
Shelter / JEJUNG & YUCHUN(東方神起)
もっと… / 西野カナ
歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.