矢沢永吉「未来をかさねて」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 矢沢永吉 > 未来をかさねて 歌詞

矢沢永吉「未来をかさねて」の歌詞を収録したCDジャケット画像

未来をかさねて

歌手:矢沢永吉
作詞:加藤ひさし
作曲:矢沢永吉

夜空に またたく 星に 手を伸ばし つかめたならば
指輪に つけて 贈ろう
深く 愛した しるしに

キザな 口説き もんくは いつも
ふたり 好きだった 映画のシーン
笑いこらえて いつもキスしたね
ふたつの 未来は ひとつだった

もしも 生まれ 変われるのなら
オマエと 出会った日から始めよう
悲しい別れが 何度あっても
泣かずに すむだろ? オマエが好きさ

若過ぎた 遠い あの日々が
なんで こんなにも 愛おしい

Ah もう一度だけ
Ah 戻れるのなら

かさねて 夢見ても 二度と オマエに帰れないのに

遠い 夜空に またたく 星が
ふたつの 未来を 照らし光る

永遠に 愛するあかしさ
たとえ オレの そばに いなくても

アルバム「ROCK'N'ROLL」収録曲


「未来をかさねて」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

矢沢永吉の人気歌詞

矢沢永吉の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.