メレンゲ「うつし絵」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > メレンゲ > うつし絵

うつし絵 / メレンゲ

「うつし絵」歌詞

歌手:メレンゲ
作詞:岩里祐穂
作曲:クボケンジ


ただいちばん近くにいる
その人に愛されたくて
泣きたいのに楽しいふりするのは
案外簡単なことだね

悲しいのは慣れてないから
大切なことを見ないようにしてた

誰もかも 何もかも 失っても
君がいてくれたなら
それだけで良かったのに
この世界で
どうしていちばん愛しいものだけ
どうして手のひらをこぼれ落ちてゆくんだろう

素直な気持ちを話せない
不器用な誰かのために
涙や 体温や 笑顔は
きっとこの世にあるのかもしれない

岸辺から見えた君は
うつし絵みたいに似ていたんだよね

誰ひとり 何ひとつ 残らなくても
君がいてくれたから
それだけで安心だった
この世界で
それなのにちゃんと伝えられなくて
それなのにずっと一緒だと思っていたの

明日と昨日 順番がかわり
もしも今日の次が昨日なら
君にもういちど 会えるかな

教えて 私が探したものを
君が探したものを
二人が見つけた何かを

果てしない 広がるこの海のように
すべて受け容れたなら
許し合えるはずなのに
この世界で
自分が思うより深く愛されて
自分が思うより一人きりじゃないんだね


アルバム「ミュージックシーン」収録曲


メレンゲの歌詞ランキング

メレンゲの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.