松千「灰皿」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 松千 > 灰皿 歌詞

「灰皿」歌詞

歌手:松千
作詞:松千
作曲:松千


くもり空が少し 鬱陶しくなる
タバコに手を伸ばす すぐにこれも 灰になる
 
雨粒に映る無数の世界 本物ってあるのかな
 
駆け抜けた道を 振り返ってみた
僕は 何を残してきたんだろう
届かない昨日は 涙 捨てて
進め
いつか 僕らも 燃え尽きるまで
 
窓を叩く雨が 胸の奥を揺らす
けむりは ゆらゆらと 立ちのぼっては 消えていく
 
雨空の下は無数の傘 こたえなんてないのかな
 
ここにいる意味を考えてみた
何のために生まれてきたんだろう
いくつもの出会いと別れ 抱いて
進め
いつか 僕らも 消えていくとしても
 
さよならに 進んでるとしても ほら
大切なあの人に 何が 今
できるかな
 
タバコはやがて灰になって落ちた
君の胸に 僕が残るなら
届かない昨日に 涙 捨てて
進め
いつか 僕らも 燃え尽きるまで
燃え尽きるまで

アルバム「RE-BIRTHDAY」収録曲


松千の人気ランキング

松千の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.