夏川りみ「たったひとり」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 夏川りみ > たったひとり

夏川りみ「たったひとり」のジャケット画像

たったひとり

歌手:夏川りみ
作詞:覚和歌子
作曲:野澤孝智

青い空を 仰ぎながら
夢の続き 聞いていた
丘に向かう ゆるい坂道は
午後の陽に ふたりの影 長くのばした
新しい花が咲いて 季節はうつりかわるけど
私の瞳には いつも同じ風が吹いている
たったひとり ひとりでいいの いとしいひとなら あなただけ
欲しいものは もう何もない 思い出は消えないから
さみしい日も笑っていたい あの日 約束したように

町も人も 急ぎ足で行くわ
大切な景色さえ 昨日に変わる
ふとした風の中に 声を探してしまうけど
いきなり泣きそうになる そんな夜もあるけれど
たったひとり あなたひとりを こんなにもつよく愛せたから
光だけを 胸に灯して こらえて歩いてゆく
またいつか会えるでしょうか あの日 約束したように

たったひとり ひとりでいいの いとしいひとなら あなただけ
欲しいものは もう何もない 思い出は消えないから
さみしい日も笑っていたい あの日 約束したように

アルバム「ココロノウタ」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

夏川りみの人気歌詞

夏川りみの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.