羞恥心(つるの剛士)「何もかもが君だった」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 羞恥心(つるの剛士) > 何もかもが君だった

羞恥心(つるの剛士)「何もかもが君だった」のジャケット画像

何もかもが君だった

歌手:羞恥心(つるの剛士)
作詞:カシアス島田
作曲:高原兄

夕暮れの中の校庭 淋しさに心震えた
気持ちをうまく伝えられず 思い悩み未送信のラブメール
君が初めての恋人 毎日毎日会ったね
静かな夜のマウンドの上 黙ったままの二人だった
冷えた指先 息吹きかけ「ねぇ好きっ?」て君が聞く
言葉にしないと 心の中の思いは
大好きな君に 届かない
あの時 君が全てで 毎日が君だった
せまい 世界の中で 何もかもが 何もかも 君だった

一日が長かった頃 どんな風に生きるのかも
知らなかった幼い二人 毎日小さな山のある
あの公園で 何時間も 何 話していたんだろう
俺たち二人は 絶対別れないからと
約束したんだ 時がたつ
あの時 君が全てで 毎日が 君だった
せまい 世界の中で 何もかもが 何もかも 君だった

初めてのキス 二人で行った花火
親にウソをついたクリスマス 将来を誓った指輪
早く大人になりたいと願った日々
あの時 君が全てで 毎日が 君だった
せまい 世界の中で 何もかもが 何もかも 君だった
何もかも 君だった

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

羞恥心(つるの剛士)の人気歌詞

1 何もかもが君だった夕暮れの中の校庭 淋しさに心震

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.