Gackt「Mirror」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > Gackt > Mirror

Mirror

歌手:Gackt
作詞:Gackt.C
作曲:Gackt.C

肝心なときにはいつも側にいない
何が大切なモノなのか解ろうともしない
誰もがキミに飽き飽きしてる

目新しいモノばかり追いかけていて
「古き良き時代は何処に行ったの!!」
そんな口癖は君に嘆く資格はない

君の目に映ってる僕の笑顔はすべてが酬われない
最初からワカッテタハズナノニ…

この大空の下へ飛び込んで
一人きりで…
僕の飼われた躰は君の腕で受けとめられるかな

“信じるモノは救われる”なんて
言い訳上手な天使の戯言で神様も嘘が上手

僕の目に映ってるキミの涙はすべてが摩耶枷で
最後にはワラッテタハズナノニ…

この大空の下で抱き合って
二人きりで…
僕の壊れたココロに君の声が届きますように叫んで…
そしてもっとギュッと抱きしめて

何かを得るために何かを失って誰もが傷ついてる

この大空の下で恋わされて
ひとにぎりで…
ボクの弱気な態度にキミの声が炎をつけてくれたから

この大きな想いが届かないなら
ひとおもいに…
ボクの粉々の心にキミの指で最後のトドメを射して

「Mirror」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Gacktの人気歌詞

Gacktの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.