みつき「Vitality」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > みつき > Vitality

Vitality

歌手:みつき
作詞:藤田千章
作曲:佐藤竹善

夜明けが遠いのに
目が醒めた

あしたが来なければいいと思った

星屑たちとおなじ運命だったら
この不安も朝陽に消せた

生きていくって なんだか
ワカラナイ
苦しいだけじゃないはずって
見えない光を探している
それしかできずに

勇気が足りない意識はあって

きょうこそって
だから繰り返した

小鳥たちの空の自由がまぶしい
この地上は籠の中みたい

生きていくって なんて
ムズカシイ
望み通りいかないって
たったひとつでも構わない
叶うと信じていた

愛の詩を不意にくちずさんでいたよ
夜が永遠には続かないものと
憶い出したよ

生きていくって なんだか
ワカラナイ
楽しいだけじゃ意味がないって
重い荷物を背負うから進めるって
とても
ムズカシイ
甘えるだけじゃ済まないって
いつか こんな私だって
ひとりで立てるかな

アルバム「COLOR」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

みつきの人気歌詞

みつきの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.